牡丹園

牡丹栽培は約300年前、町内波入地区の全隆寺に植えられたのがはじまりと言われています。はじめはほんの数種類だった品種も明治以降改良品種の移入や、この地で改良されたりと現在では300種を越えています。大根島が牡丹で有名になったのは第二次世界大戦が終わった後のことで、昭和29年(1954年)には「島根の花」に牡丹が選ばれました。花の見頃は4月の終わりから5月上旬にかけてです。この時期になると島内各地の牡丹園に様々な色の大輪の花が咲き誇っています。


江島牡丹園

〒690-1401 
島根県松江市八束町江島167-1
TEL0852-76-2254   FAX0852-76-3375
春は、当園では500品種の早咲、中咲、遅咲の牡丹を植込しております。4月下旬より5月上旬まではいつお出掛けいただいても花が楽しめるように工夫致しております。また、寒牡丹は秋10月下旬より翌年1月末頃まで咲いております。
●お食事、お茶席、休憩所完備
●牡丹鉢植、植木、お正月用牡丹販売
●開園時間 9:00~17:00 
●定休日 日曜日・祝日(但し、牡丹開花時期は無休)
●入園料 500円
→江島ぼたん園ホームページへ


中国ぼたん園 (開花時期のみ開園)

大根島は、牡丹の苗の世界有数の生産地です、奈良時代に中国から入ってきてから日本で品種改良がなされ今日約300種の品種が有ります。八束町ではさらに品種の改良を進めるため平成元年から、中国山東省渮沢市と技術交流を行い、112品種、10,000本の牡丹を導入しました。この施設には、緑の花の牡丹(豆緑)、花弁が白と紅に分かれる(二嬌)など貴重品種も数多くあります。中国牡丹の開花は内地のものより少し早く、四月上旬より咲き始め、中国固有の大輪、原種に近いものまで一望に見渡せる景観は、この施設だけのものです。

            

問い合せ:0852-76-3639(開園時)

0852-55-5232(松江市農政課)


→中国牡丹園のページへ


日本庭園 由志園

牡丹をはじめ、四季折々の花々や緑に彩られた1万坪の池泉回遊式日本庭園。庭の中央に、出雲地方の水の流れを模した滝や池を配し、池には大根島に見立てた中島が浮かびます。「新田松」と呼ばれる黒松や「島石」、地下水など、大根島の素材に抱かれた出雲流庭園。年中牡丹が咲く室内庭園「牡丹の館」秋の紅葉ライトアップ、冬に行われる国内外のアーティストとの牡丹コラボレーションなど当園ならではの見どころも豊富。庭を眺めながら会席料理が味わえる食事処や、オリジナルの高麗人蔘製品を扱う売店も併設しています。

〒690-1492

島根県松江市八束町波入1260-2

TEL 0852-76-2255(代)

FAX 0852-76-2508

→由志園ホームページへ


大根島本陣

?

牡丹の島ぼたんと共に300年
島根県松江市八束町入江441-1
TEL0852-76-3399  FAX0852-76-3535
全国でも類を見ない溶岩庭園があります。また、島根県の天然記念物金魚「いずもナンキン」を展示しております。
営業内容
●観光ぼたん園、造園
●ぼたん、雲州人参、おみやげ品等の販売
●お食事処、喫茶
●開園時間 4・5月 8:00~18:00 無休
6~3月 9:00~17:00 不定休
●入園料 500円


大根島ぼたん芍薬園

〒690-1405
島根県松江市八束町波入2086(大根島)
TEL0852-76-2236(夜間、季節外)
TEL0852-76-3214(昼間、季節中)
FAX0852-76-2878
大根島の中央にあり、大山の眺望絶好。
●季節開園:開園時間 4月~6月 9:00~17:00
●不定休
●入園料 500円
牡丹と芍薬の庭園期間(4月上旬~6月下旬・季節中)食事あり。年中牡丹苗の販売をしています。