溶岩トンネル

溶岩トンネル

火山活動が生んだ竜神の住処

大根島と江島は同一の火山島で、今から19万年前噴火によってできました。大根島には、2つの溶岩によってできた洞窟「溶岩隧道」があり国指定の天然記念物となっています。

大根島は平成29年12月に日本ジオパーク認定されたエリアに入っており、溶岩トンネル・スコリア丘(大塚山)・湧き水(親水公園)が地質・地形サイトとなっています。

その他にも湧き水や島石(玄武岩)など、島の随所に火山活動を物語る景色を見ることができます。

特別天然記念物「大根島溶岩隧道」幽鬼洞

(昭和6年7月31日天然記念物指定、昭和27年3月29日特別天然記念物指定)

旧洞と新洞からできていて、旧洞は入口から左奥へと環状に約100メートル通じ、また元の入口に出てきます。入口部はガス溜まりの広い空洞部でしたが、天井部にはガスが抜けたことにより崩壊した痕跡があります。その入口部から東北方向に、丁度ひしゃくの柄のように約70メートルの新洞が通じていて「目が退化した魚」が見つかったこともあります。

旧洞内の岩塊が崩壊して特に狭くなった所を「背すり」といい、1~3カ所あります。旧洞内には「迷い道」「千畳敷」「鬼の井戸」「鬼の寝床」と呼ばれている場所があり岩肌には鍾乳石、玉滴石などが多く見られます。

 ●「大根島の溶岩隧道」(幽鬼洞)は、崩落の危険があるため、学術調査等で文化財課が許可したもの以外は入洞できません。

連絡先 : 歴史まちづくり部まちづくり文化財課文化財保護係 ℡0852-55-5523

年1回の見学会の様子です。

国指定天然記念物「大根島第二溶岩隧道」竜渓洞

(昭和10年6月7日天然記念物指定)

この熔岩洞窟は、昭和8年、道路工事の際に偶然発見されたもので、昭和10年6月に天然記念物に指定されました。この洞窟はその珍奇な形状から竜神様の住処(すみか)になぞらえて「竜渓洞」と名づけられました。内部の様子は特別天然記念物「幽鬼洞」に勝るとも劣らないもので、岩肌には熔岩流出のあとが直線状あるいは渦巻状にあざやかに残っています。また洞窟内には、目の退化した世界的にも希少な洞窟性の生物が生息しており、学術研究の対象になっています。

●熔岩洞窟内は、真っ暗で、滑りやすくなっています。懐中電灯、長靴はこちらで準備いたします。

●第二熔岩洞窟(竜渓洞)は、自然観察指導員の案内により見学できます。希望される方は下記までご連絡ください。

島根県自然観察指導員 島根県ふるさと案内人 門脇和也 090-3178-2483

kadosa@mable.ne.jp

※どちらの熔岩洞窟も、八束町中央バス停から徒歩10分のところにあります。

現在は、崩落の危険性があるため、金属製の建屋を設置しております。

運が良ければ、洞窟内で珍しいヨコエビの一種を見ることが出来ました。